並行した需要

ダンボールの山

最も古いハウスクリーニング業者でもまだその歴史は100年も経っていません。ハウスクリーニング業者の誕生は、戦後在日米軍向けの敷き詰め絨毯の出張クリーニングサービスが起源とされています。 最初は特定の顧客、サービスのみを扱っていた敷き詰め絨毯のクリーニングを行っていた業者が、やがて専門化して住宅内の様々な箇所を掃除するサービスを扱うようになりました。特に一般住宅の数が急増する現在の団塊世代の結婚適齢期において、住宅増加によるニーズの高まりを受けて、その利用者数を着実に増やしていきます。 その後、社会構造の変化によって核家族化の進展や一人暮らしの増加、高齢者世帯のみの家庭が増えたことにより、家事の担い手が減少をすると、さらに需要が高まり、現在のようにフランチャイズ店形式の業者の増加にも繋がっています。

現代では女性の社会進出や高齢化社会による独居老人の増加、晩婚化による独身世帯の増加などで、家事を担う人が大きく減少しています。そのため家事代行サービスといった家庭内の仕事を請け負うサービスが需要を急速に伸ばしています。 この流れは当然ハウスクリーニング業界にも及んでおり、特に一般住宅の清掃業務に特化したこのサービスもまた需要を伸ばしています。そのため業者の数も右肩上がりに増加を続けており、斜陽化の進む産業やサービスの多い日本において、成長産業として注目されています。 このような業界の現状も合って、ハウスクリーニングはサービスの充実化が年々進んでおり、今後も社会構造が大きく変わらない限り、需要は増加し続けると言われています。